【住みやすい地域を目指し地域で支えあう「総合事業」とは?!】|コラム|アクシアネット
  • トップ
  •  > 
  • コラム
  •  > 
  • 住みやすい地域を目指し地域で支えあう「総合事業」とは?!

ようこそ!ゲストさん   

住みやすい地域を目指し地域で支えあう「総合事業」とは?!


「総合事業」ってなに?

2015年(平成27年)の介護保険制度改正により「介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)」が始まりました。
「総合事業」とは、市町村が中心となって、地域の実情に応じて、地域住民、NPO、企業等が参画し、地域高齢者への多様なサービスを充実させることで、地域の支え合い体制づくりを推進し、高齢者の皆さまの「介護予防」と「日常生活の自立」を支援することを目的とした事業のことです。


具体的にどう変わるの?


『総合事業』は、介護保険の要介護認定で「要支援12」の認定を受けた方や新たに導入されたツール『基本チェックリスト』で「事業対象者」と認定された方が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上のすべての方が利用できる「一般介護予防事業」で構成されます。

【介護予防・生活支援サービス事業】
介護保険制度において7段階ある要介護度のうち、最も軽い要支援1および2と認定された方々が、従来受けていた「介護予防訪問介護」や「介護予防通所介護」は、『総合事業』に移行され「介護予防・生活支援サービス」として実施されます。
この移行により、既存の介護事業所に加え、住民ボランティアなどとの連携を通じた支援体制が構築され、地域に根ざした細やかなサービスが提供できるようになります。

~主なサービス内容~
(お住まいの市区町村により内容は異なります)
① 訪問型サービス
自立生活・社会参加の促進を目標とした、自宅の掃除や洗濯等の日常生活支援など
② 通所型サービス
身体機能・生活機能改善を目標とした、体操教室や栄養改善等のプログラム提供など
※上記①②は現行の訪問介護(ホームヘルプ)・通所介護(デイサービス)に相当するものと、それ以外のもの(地域の実情に応じて独自にサービスを分類し、それに合わせた基準や単価などを各市町村で設定)で構成されます。
③ その他の生活支援サービス
地域の実情に応じて提供される以下のサービス
・栄養改善や安否確認を目的とした配食サービス
・住民ボランティアによる訪問見守りサービス
・訪問型、通所型サービスに準じる自立支援サービス(訪問型、通所型サービスの一体的提供など)
④ 介護予防支援事業(ケアマネジメント)
・健康状態や生活状況、希望するサービスなどを踏まえたケアプランの策定
※実施頻度やサービス利用頻度などに応じ分類されています。

【一般介護予防事業】
市町村の独自で行う事業で、地域高齢者(65歳以上)のすべての方々へ、地域のつながりの場、専門的知見を基にしたリハビリテーション活動による自立支援、など、生きがいや役割をもって暮らせる地域を目指すことを目的としています。


地域のみんなで一緒に取り組む介護予防活動

単身高齢者、高齢者世帯などが増える中、日常生活の継続に必要な買い物や掃除の支援、高齢者が生きがいを持って参加できる活動などが、これまで以上に必要になってきます。
そのため、『総合事業』では、これまでの介護事業所による訪問介護や通所介護だけではなく、住民が実施する取り組みも含めた、多様な担い手による高齢者の支援体制を地域の中に作っていくことが必要となります。
また、ボランティアなどを通じた支え手も重要となり、高齢の方々も支援の担い手側に回ることも必要となってきます。
住みなれた地域で安心して暮らせる社会を目指すためには、私たち一人一人も当事者として「支え合い体制づくり」へ参加することが大切と言えるでしょう。

~総合事業が目指すもの~ 

市町村が中心となって、地域の実情に応じた事業の実施
住民等の多様な担い手・多様なサービス
地域の支え合い体制づくりを推進

アクシアネット会員の皆様!!

アクシアネット会員の皆様!これから、ますます需要が高まる「地域の支え合い体制づくり」に参加して、私たち自らの手で「住みやすい地域」を目指しませんか。

お住まいの自治体では「総合事業」実施に向け、様々な取り組みを行っています。

是非、お近くの市区町村でご確認ください。

アクシアネットでは、「毎日を活き活きと過ごしたい!」みなさまに向けて、有益な情報を発信します。アクシアネットは、あなたの想いを応援します!!

アクシアネットのご利用がはじめての方は、こちらをご覧ください。

アクシアネットからの
お知らせ