ようこそ!ゲストさん   

Anemo Life Vol.12 美味しいお米ライフ


◆美味しいお米ライフはいかが?

私たち日本人の食生活において欠かせないお米。スーパーに行くと、多くのブランド米が並んでいます。店舗によっては10種類以上が並んでいるところも。
しかし、最近になってお米の消費量は落ち込んでいると言われています。ダイエットなど健康改善を求める消費者ニーズに対応し、業界がご飯の量を減らしたメニュー提案を強めている背景があります。
そんな中、「少量でも美味しいお米を食べたい」いう声にこたえ、お米の種類が多様化しています。


◆ブランド米に新しい風

この秋、全国でブランド米が相次いで販売開始しています。最高級、超高級をうたったブランド米は、東京の百貨店では5キロ3200~3500円程度(税抜)と高価格帯で販売されています。
新潟、長野両県はそれぞれ独自開発したブランド米の販売を強化。今秋一般販売を開始した新潟県の新品種「新之助」は約10年の歳月をかけて開発された高級ブランド米です。福井県の「いちほまれ」、富山県の「富富富」は2018年の本格販売に向け、試験販売でファンづくりを行っています。


◆高級炊飯器も人気

また、ここ数年『高級炊飯器』と呼ばれるジャンルも話題を集めています。お米をより美味しく炊くために、火力の強いIH方式に加えて、スチームや圧力機能などを搭載している点が特徴です。メーカーごとに独自の機能を搭載しており、以前と比べてもかなり美味しくお米が炊けるようになりました。

お米や炊飯器をグレードアップすることで、毎日の食事が特別なものになります。その日のメニューに合わせてお米を選んだり、自分にもっとも合う種類、炊き方を模索するのも楽しいですね。お米から、豊かな食生活をはじめてみませんか。

アクシアネットのご利用がはじめての方は、こちらをご覧ください。

アクシアネットからの
お知らせ